ジャン黒糖の映画あれこれ

【予習編】いよいよ明日!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開!もう待ちきれません!特集!!

【予習編】いよいよ明日!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開!もう待ちきれません!特集!!

【予習編】いよいよ明日!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開!もう待ちきれません!特集!!


どうも、ジャン黒糖です。

いよいよ明日!!映画業界の枠を超えた今年最大級の話題作!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開される訳ですが、公開直前のこのワクワクを文字に起こしたく!ブログ更新です!この1年間、どれだかわくわくしていたか!

■タイトル『フォースの覚醒』にキター!!!!!!

何に興奮するってもうまずそのタイトルですよね。
『フォースの覚醒』。。


邦題『フォースの覚醒』、原題『The Force Awakens』

ストーリーについては未だに厳戒令がしかれていて明らかになっていないのですが、いろいろな解釈があります。

エピソード6『ジェダイの復讐』で反乱軍がエンドアの戦いにて見事帝国軍を倒し、ルークは皇帝を倒した。
ただ、それで本当に脅威は去ったのか?
メディアを通してすでに明らかになっている新サーガの主人公、フィンとレイ側に”フォースの覚醒”の予感があるものの、それだけでなく悪役と思われるカイロ・レン側もまたフォースの覚醒が起きる。
エピソード1の頃は大勢いたジェダイの騎士も、エピソード3でその多くを失い、エピソード4〜6ではその残党が描かれていた。が、もはや最後にはルーク1人だけになってしまっていた。
そんな最後の灯火があちこちで覚醒し始める…!!

また、”フォースの覚醒”が起きるのは決して劇中の話だけでなく、監督に対してもいえる。
プリクエルことエピソード1〜3ではジョージ・ルーカス独りよがり色が強く批判も多くあったが、それでもこの史上最強のシリーズに興奮し、夢を描いた人は数知れず、おそらく70〜80年代幼くしてシリーズに魅了・影響され、そして映画界に飛び込んだ人の中でもいま現在最もハリウッドで成功しているのが本作で監督を務めるJ・J・エイブラムスであろう。


幼い頃、『スター・ウォーズ』を観て映画に憧れ、スピルバーグ映画によって育てられたJ・J・エイブラムス監督。

彼の作品といえばドラマでは『LOST』や『エイリアス』、映画ではリブート版『スター・トレック』や『M:I:Ⅲ』など、そのタイトルを挙げただけでもいまのハリウッドシーンにおいていかに重要人物か伺える。
そして彼の作品には、特に監督映画作品には夢や希望に溢れた作品が多く、ここには『スター・ウォーズ』をはじめとする、80年代ハリウッドが描くアメリカンドリームの趣が顕著にある。

そう、ジョージ・ルーカス帝国が描いた世界観についてはいろいろ批判もあるけど、それでもやっぱ好きだー!と叫んだ新世代のワナビーたちが立ち上がる映画、それが『フォースの覚醒』なのだ!!!(?)

ちなみに、偉大なる創始者ジョージ・ルーカスにどんな批判があったのかを描いた映画『ピープルVSジョージ・ルーカス』についてはこちら↓にて紹介しているのでぜひぜひチェックしてみてください。
【予習編】『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開直前特集!何が世界を魅了したのか?!『スター・ウォーズ』特集!

■J・J・エイブラムスら、スタッフ・キャスト集結写真にキター!!!!!!

さて、最初にビジュアル的情報として公開されたのは、脚本の読み合わせを行う新旧キャストとスタッフ陣のこの写真だった。


J・J・エイブラムス監督、旧3部作キャスト、新キャストなど超豪華勢揃い・・・!

監督のJ・J・エイブラムスとハリソン・フォードが、、!
『帝国の逆襲』『ジェダイの復讐』『レイダース』等の脚本家ローレンス・カスダン、、!
新旧ヒロイン?!レイア姫演じるキャリー・フィッシャーと新ヒロイン、デイジー・リドリーが!!
『アタック・ザ・ブロック』のジョン・ボイエガが!モーションキャプチャーの名優アンディ・サーキスが!!『アバウト・タイム』のドーナル・グリーソンが!!!

ただの脚本読み合わせ写真なのに、これだけの情報だけでこうも興奮させるあたり、さすがは情報戦略のプロ!J・J・エイブラムス!!と興奮したものです。

しかもここにかの偉大なる創始者ジョージ・ルーカスの姿はない。
プリクエルこと、エピソード1〜3を嫌うみなさん、安心してください。はいってませんよ!と思わずボケてしまいたくなりますが、、笑

今回の新たなサーガには初期案としてルーカス自身が出した構想もあったみたいですが却下されたそうで、結果的には愛娘との生活を優先してルーカスフィルムのウォルト・ディズニーへの売却(しかもその売却益は全額寄付したとか!その額なんと5,000億円近くだとか!!!ひえー!)、さらには制作に絡まないことが発表されて、まぁ本当にちょっと安心しました。笑
だって買い手先は夢の帝国ウォルト・ディズニー社だし、絵に描いたようにスター・ウォーズやスピルバーグ作品などの70〜80’のワクワク映画によって育てられたJ・J・エイブラムスが監督するのだから、少なくともルーカス帝国がプリクエル3部作で作り上げたダークな側面は無くなるだろうと。

■『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』予告編にキター!!!!!!

とはいっても、昨年末に公開された特報の第1弾については正直困惑した訳で、、、。

この特報がYouTube上に現れたとき、正直ん〜、、こういう映像を小出しにするのってスター・ウォーズの場合、あんまり感心しないなぁ…と思ってました。ましてや十字のライトセーバーも、いかにもファンたちの”あの”不安をかきたてるんじゃないかというような、まぁファントム・メナスの悲劇がイヤでもチラついちゃったんですね。。笑

この特報が公開されるとすぐに、ファンの手による「もしジョージ・ルーカスが新予告編を作ったら?」というパロディ予告の方が無駄な情報量が多いという点においてはよっぽどスター・ウォーズっぺー!!と思いましたね。笑


ファンによるパロディ版予告編。明らかに97年”特別篇”以降のジョージ・ルーカスへの小バカにしている感が…笑

ただ、第2弾特報が出るとあらびっくり!!
さすがはスター・ウォーズファン、スピルバーグリスペクトだけはあって第2弾の予告については明らかにエピソード6のその後を描くということに意識的になってますよね!


第2弾予告編。スター・デストロイヤーの残骸に、R2-D2、そこに手を差し伸べるは…!そしてチューイ!ハン・ソロ!

これにはさすがに興奮!やってくれたぜJ・J!!あんたは情報の見せ方をやっぱりわかってる人だったか!憎いね〜!


ちなみにこちらもパロディ予告。もしも『トランスフォーマー』などで知られるマイケル・ベイ監督が撮っていたら?ってパロディなのですが、明らかに爆発・火薬量だけでバカにしてますよね…笑

そして10月になってようやく現れた予告編。
これ、予告編が公開されたその日の会社のお昼時間にこっそり周りに見られないよう見たのですが、、、もう予告だけで号泣するかと思いました!!

墜落したスター・デストロイヤーの残骸の中を探索する廃品業者として働くレイ、訳あってストーム・トルーパーのマスクを脱ぎ惑星ジャクーに降り立ったフィン、亡きダース・ベイダーの意思を継ぐものカイロ・レン。それぞれの想いが少しかいま見えたところで…ドーン!!とミレニアム・ファルコンとタイ・ファイターの空中戦が…!

「暗黒面も…ジェダイも…実在する」
「フォースが…お前を呼んでいる」
「受け入れるのだ」
そして『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のタイトル・・・。

セリフは少ないですが、これだけでも興奮止まらんですよね。先におれのフォースが覚醒してしまうぞこれは!!!!
泣かす気ですか!!

まぁ私のような、これでも”比較的ライトな”ファンでさえ、これだけ興奮しているのだから、本場のファンはもうもはや覚醒しているんだろうと思ったら、、、やはりもう興奮していました。笑

YouTubeで「star wars 7 trailer reaction」と検索してみるとわかるが、予告編があがる度にファンたちのリアクションをおさめた映像がたくさん出てきます。
中にはその数々の動画をひとまとめにマッシュアップ編集した動画もあったりして、もうその表情が良くって良くって。。

こちら、”リアクト動画”といって、アメリカではわりとこの手の動画がスター・ウォーズに限らず多くYouTube上にあったりするのですが、本作についてはみんながもうこういうのを待っていたんだー!!という期待感と幸福感で笑顔と時に涙が溢れていて良いんですよね〜。
中でも↓彼ら4人の男友達の目の輝きが良いんですよ。「Oh〜!Shit!」「You see that?!」ってみんなコーフンしているのが良く伝わります。笑

■泣いても笑っても明日公開!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』!!

あの特報が流れてから1年。ついに…ついにあの伝説が新たな幕を開ける!!
そうです、泣いても笑ってもついに明日!公開なのです!

もはや映画業界という枠を超えてお菓子メーカーやフィギュア、文具、飲食店など、あらゆる業界を巻き込んでスター・ウォーズイヤーとなったが、そんな興奮した日々も明日の公開をもっていよいよ明らかになる。
ここまで興奮させてくれた徹底的な厳戒態勢でストーリーの秘密性を貫いてくれたJ・Jにこの時点でもう感謝です!

最後に、私が『フォースの覚醒』を観るにあたってお世話になったサイトを2つご紹介して締めくくりたいと思います。

・スター・ウォーズ フォースの覚醒 最新情報局

フォースの覚醒 最新情報局
スター・ウォーズ フォースの覚醒 最新情報局

結構高い頻度で更新されていて、世界中で次々公開される情報や面白い記事について紹介してくれいて、フォースの覚醒を楽しみにしている期待感がどんどん高まります!
また、サイトの右ナビには日本全国一斉公開される2015年12月18日18時30分までのカウントダウンが表示されているなど、かなり気合の入ったサイトになっている。
当ブログと同じWordpressで構築されたサイトとは…素晴らしいですね。。

・スター・ウォーズ オンライン百科事典

スター・ウォーズ オンライン百科事典 WOOKIEPEDIA
スター・ウォーズ オンライン百科事典 WOOKIEPEDIA

サイトの使いやすさはもちろんのこと、正直この異常な詳しさはびっくりしますよ!!
ちゃんとスター・ウォーズの世界観だけでWikipediaが出来上がっているんですから。すごいなぁ〜。。しかもサイトの名前もWOOKIEEPEDIA(ウーキーペディア)という親切設計っぷり!(笑)こういうのありがたいですよね。。笑

しかも、ルーカス自身によるエピソード1〜6までを“正史”、それ以外の『クローン大戦』や最近出たPS4ソフトの『バトルフロント』などといった、スピンオフ関連の作品を“レジェンズ”と呼ぶ、といういわゆる近年ルーカス自身によって整理されたスター・ウォーズの世界観についても踏まえて、各ワードが正史ではどう描かれ、レジェンズではどう描かれているのか、違いをつけていたりしていて、もう・・・すごすぎます!このサイト!!!

というわけでいろいろと情報がシャットダウンされている分、あれやこれやと興奮して調べ物をしたり、過去作を観直したり、現在テレ東で放送中の『スター・ウォーズ 反乱者たち』を毎週録画して観たり、メモリアル上映チケットの予約に慌てたり、チョコエッグを何個も買って何体もストーム・トルーパーが出てきちゃったり、、肝心の本編を観てもいないのにひたすら興奮し続けてきた日々もとっても幸せだったが、ついに観られる!!!

果たしてどんな映画になるんでしょうか?
果たして週明け月曜日、普通に仕事モードに自分は切り替えられているんだろうか??

ではでは〜。
フォースと共にあらんことを!!!


  プロフィール  PR:無料HP  免許合宿 口コミ  合宿で免許取得  スタッドレスタイヤ 格安  中古ホイール 三重  タイヤ MPV 格安  ベース 専門学校  オイルフィラーキャップ 中古  人吉自動車学校  開運パワーストーン  物流コンサルティング  音楽 専門学校 福岡  RX-7 中古  名簿屋